《スタディRPG》の初心者ガイド

初心者ガイド

《スタディRPG》の初心者が、まずどうしていけばよいかが書いてあります。序盤の攻略の参考にして下さい。

初心者のよくある質問

Q.最初何をすれば良いの?

A.とにかく名称をRPG風にして言ってみよう

先生を師匠に、教科書を攻略本に、テストをボスと言ってみましょう♪
ちょっとワクワクして楽しくなってきませんか?

用語一覧を作りましたので、参考にして言い換えてくださいね。

「勉強が好き!」と言う人は、勉強をゲームのように楽しんでいるだと思うんです。新しい知識が増えるのが嬉しいとか、テストで高得点を取るのが面白いとかね。

でもね、いったん「勉強が嫌い」ってなると、もう勉強は楽しめない…orz

そこで《スタディRPG》の出番です!

まずは、言いかえてみるだけなので、ためしてみてください(^▽^)/

Q.そもそも《スタディRPG》って何?

A.勉強をRPG、ロールプレイングゲームにして楽しむ脳内ゲームです。

《スタディRPG》はお店では売っていません。
アプリでもないし、オンラインゲームでもありません。

プレイヤーである学生の頭の中で作るゲームです。

勉強に関する言葉をRPGの言葉に言いかえちゃおう!というゲームです。

めもすた
めもすた

発案者はめもすた@管理人です!《スタディRPG》は造語です。勉強をゲーミフィケーション(ゲーム化)してみるという記事はいくつかありますが、先生を師匠、公式や文法を武器に例えているサイトはないはずです。

ゲーミフィケーションについて知りたい方は、ゲーミフィケーションとは、ゲームでない物事のゲーム化ですへどうぞ。

Q.なぜ勉強をRPG(ゲーム)にするの?

A.楽しんだもん勝ちだから

勉強って聞いただけでテンションが下がり…定期テストが無くなればいいのに…と思ったことは数知れず……そんな学生さんはいっぱいいます。

ゲームだったら何時間だってやってられるのになぁ…そんな学生さんはいっぱいいます。

めもすた
めもすた

だったら、勉強をゲームにしちゃえばいいんじゃない⁉

自分が主人公のゲームです。経験値を上げたくなりませんか。

あなたは、どんな勇者になるのでしょうか。商人や賢者、吟遊詩人や武闘家などの道だってありますよ。

なぜロールプレイングゲーム(RPG)なの?

当てはまる言葉がロールプレイングゲームにぴったりはまったから

別にシューティングや恋愛ゲームなどでもいいんです。だから、自分の好きなゲームに当てはめてワクワクする自分だけのゲームをぜひ作ってください!

めもすた
めもすた

めもすた@管理人がRPG好きだからという理由もあります

Q.会話している2人って…だれ?

A.〈めもすた〉と〈ほっぷ君〉です

めもすた
めもすた

めもすたです。ナビゲーターやっています。よろしくお願いします

ほっぷ君
ほっぷ君

ほっぷです。中学生です。よろしく♪

プレイヤーの助けになるためのキャラクターたちです。

めもすたは、ナビゲーター兼管理人…つまり中の人ですね。

ほっぷ君はプレイヤーの立場に立ってもらいます。
”ホップ、ステップ、ジャンプ”から名前をとりました。あと『ドラ○ンクエスト ダ○の大冒険』の魔法使い君の成長ぶりにこっそりあやかりたいと似た名前にしています(^▽^)/

Q.そもそもなぜ勉強するのか

A.世界を広げるため、頭の使い方を学ぶため

めもすた
めもすた

私個人の考えになりますが、なぜ勉強するのかについてお話するね

ひとつめは、世界を広げるため

英数国理社、体育音楽美術技術家庭道徳となぜこんなに教科があるのでしょうか。

世の中には、こんなにさまざまなことがあるんですよ!
あなたの見ている世界を広げましょう!
その学びの中で面白いと思うことを見つけられますように!
自分が何が得意なのか見つけるのもいいね!

そんな願いが、いろいろなことを学ばせるなかに込められているんだと思っています。

ふたつめは、頭の使い方を学ぶ(脳トレ)ため
  • 学んだことを理解する力
  • 物事を抽象的にとらえ、別の視点からみる力
  • どうしたらより効率的に暗記できるか工夫すること
  • 自分に合った勉強のやり方を試行錯誤すること
  • 知識を組み合わせて新たな発想で物事を考えること  …などなど

勉強って、長年かけて体系的に整えられた脳トレ(脳のトレーニング)だと思うんですよ。いろいろなことを学ぶうちに、これらの力を身に付けてくださいね、という。

けれど、ひたすら暗記をすればテストでいい点が取れるという所で、努力が暗記中心になってしまうのが残念なところ…

暗記だけではなく、考える力で判断しようと入試が変わってきているし、世の中や社会が求めているのは、こういった力を持った人たちですよね。

《スタディRPG》は、RPGの要素を勉強に当てはめて考えています。

頭の中でゲームにおきかえたらこういうことなんだな、と要点をとらえて工夫して理解する力が必要で、普通に授業を受けるよりも頭を使いますし、面白いと思うんですよ。

そういうことを日常からしていたら、ちょっと脳の使い方が上手くなるような気がしませんか。

めもすた
めもすた

やるかやらないかは、あなた次第です